ニキビ跡にもう悩まない?!正しいスキンケア


清潔な肌を保つことが大切

ニキビ跡を少しでも改善して綺麗な肌にするためには、まず肌を清潔に保つことが大切です。顔に付着した汚れや皮脂などを綺麗に洗い流し、正常なターンオーバーが出来るようにします。メイクをしていた日はクレンジングをして、化粧品が肌に残らないようにします。ニキビ跡が出来やすい人の多くは乾燥しやすい肌の持ち主なので、肌の水分を保ったまま落とせるミルクタイプのクレンジングを使います。手にクレンジング剤を取ったら体温で温めて、肌に馴染むように優しく円を描くように落としていくのがポイントです。

クレンジングをしたら、次は洗顔です。たっぷりの泡で顔を洗うことが大切で、洗顔ネットなどを使ってしっかり泡立てます。泡立っていると汚れを巻き込んでくれますし、肌を傷つけずに洗えるのです。何度もすすいで洗顔料が残らないように注意します。

洗顔後はしっかり保湿を!

肌に水分と栄養を与えてニキビ跡を改善するためにも、洗顔後は化粧水と美容液、乳液で保湿します。化粧水は洗顔してから間髪入れずに肌に付けて、水分の蒸発を防ぐのです。コットンパックなどでたっぷり水分を与えるのも良いと言われています。

次に美容液で栄養を与えますが、ニキビ跡に有効とされているのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みを抑えると言われています。手のひらで軽く温めて、じっくり肌に染み込ませるようにケアします。化粧水、美容液でケアをしたら、そのまま乳液で蓋をして完了です。乳液も保湿力が高いものを選びます。

困ったニキビ跡も、医療機関に行けば治療してもらえます。フォトフェイシャルを使った光治療や、レーザー治療、さらにはヒアルロン酸注射などがあります。医師が肌の質に合わせた治療法を提案してくれるでしょう。