脱毛って痛いの?人気の脱毛方法の痛みについて


フラッシュ脱毛やレーザー脱毛なら痛くない

脱毛は痛い!と思っていませんか?たしかに、従来のニードル脱毛は、毛穴に針を挿して電気を通すため、強い痛みを感じる人は少なくありませんでした。なかには、施術の途中でギブアップする人も。そうした経験者の口コミから、「脱毛=痛い」というイメージが定着していました。でも、ニードル脱毛の後に主流になったフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は痛みが少ない脱毛方法です。痛みの感じ方は人それぞれなのでまったく痛くないとは言えませんが、「パチン、と輪ゴムで弾かれた程度の痛み」とよく言われています。また、各エステやクリニックは独自の機械を導入するなど、より痛みを軽減できる対策を取っています。

どうしても痛い!というときは奥の手アリ

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛でも、毛が太い部分は痛みを強く感じることがあります。たとえば、VIOは他の部位に比べて毛がしっかりしているため、施術のときの痛みも強くなります。腕や脚の脱毛は平気でも、こうした毛が濃い部位は涙が出るほど痛かったというケースがあります。どうしても痛みをガマンできない、痛みが怖いという人は医療レーザー脱毛をやっている美容皮膚科や美容外科などのクリニックがおすすめです。クリニックは医師免許を持つ医師がいるれっきとした医療機関。麻酔や笑気ガスなどエステではできない方法で痛みを軽くしてもらえます。麻酔はジェルを施術する部分に塗るようなタイプなので、副作用や事故の心配はありません。

多くのエステやクリニックでは、最初のカウンセリングのときに試し打ちをしてもらえます。まずは足を運んで、どの程度の痛みか確かめてみましょう。

新宿の脱毛は西口側から新南口まで各方面に揃っています。サービス内容はもちろん、アクセスのしやすさで選ぶ事も出来るほど充実しています。