永久脱毛の効果がある!レーザー脱毛の特徴を知ろう


レーザーの熱で無駄毛を処理する

無駄毛の処理方法として現在、多くの女性に選ばれているのが「レーザー脱毛」です。レーザー脱毛は医療機関でしか受けられない、医療行為となる脱毛法となっています。レーザーを肌に照射して、そのレーザーの熱で無駄毛を処理する脱毛法です。レーザーを当てた部分の毛根部分の温度は、約250度にまで達すると言われています。これだけ高温のダメージが加わった毛根は、毛乳頭など体毛を作る組織自体が壊れてしまい、無駄毛を毛根から脱毛できるというのがレーザー脱毛の仕組みです。

脱毛効果に優れているのが魅力

レーザー脱毛は現在、行われている脱毛法の中で最も効果に優れていると言われています。なぜなら半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果を発揮するからです。レーザー脱毛は毛根組織を熱で破壊し、無駄毛を脱毛していきます。実は壊れてしまった毛根組織は、時間が経っても二度と再生することはありません。そのため、レーザー脱毛は永久脱毛の効果があると言われているのです。さらにレーザーのエネルギーは強力ということもあり、他の脱毛法と比較すると施術回数も少なくて済みます。個人差はありますが5回程度、施術を繰り返すとほとんど自己処理する必要が無くなるくらい、無駄毛を減らすことができるようです。

医療機関での脱毛だから安心

レーザー脱毛は美容皮膚科などの医療機関でしか、受けられない脱毛法です。施術は医師や看護師など資格を持つ人が行います。医療機関での脱毛なので万が一、施術中に肌トラブルが起こったとしてもすぐ対処できる安全性の高さも魅力です。脱毛の効果、そして安全性を考えるのであれば、無駄毛はレーザー脱毛で処理しましょう。

医療脱毛とは、医師や看護師が施術を行い、エステサロンでの脱毛で用いられる器具よりも強力な「レーザー脱毛」という方法が用いられる脱毛のことです。効果が高く、かつ少ない回数で完了するという利点があります。